全国産業資源循環連合会青年部協議会九州ブロック第21回通常総会に参加しました。

令和4年6月4日(土)SHIROYAMA HOTEL kagoshima(鹿児島県)にて全国産業資源循環連合会青年部協議会九州ブロック第21回通常総会が開催され、熊本県青年部会員16名と事務局で参加しました。

 

熊本県青年部会員16名、事務局で参加

 


 

今回、新型コロナウイルス感染症の感染拡大から約3年ぶりの通常開催となり、講演会では環境省環境再生・資源循環局廃棄物規制課 総括補佐の平塚二朗氏が「廃棄物・資源循環分野におけるカーボンニュートラルの実現に向けて」について講演を行いました。

 

リモート形式で講演会が開催

 

カーボンニュートラルの実現に向けて講演が行われました

 


 

続く通常総会では、全国産業資源循環連合会青年部協議会の光友統括幹事が来賓として出席され、海野泰兵ブロック長(長崎県)が議長となり、

・第1号議案:令和3年度事業実績報告、決算承認及び監査報告に関する件

・第2号議案:令和4年度事業計画(案)及び予算(案)承認に関する件

・第3号議案:役員改選に関する件

について審議が行われ、全会一致で承認されました。

 

約3年ぶりに通常開催

 

熊本県より平井健介幹事(左)松本信吾副ブロック長(右)が再任

 


 

懇親会では、各県から選出された新役員が紹介され、岩野公志新ブロック長(鹿児島県)が廃棄物業界におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進やCSR活動(一斉清掃や環境学習等)の継続、全国大会in九州の再開催に向けて新体制で臨んでいきたいと挨拶がありました。

 

来賓挨拶:鹿児島県協会長 永田 雄一 様

 

感染対策を行いながら懇親会が開催

カテゴリー
カレンダー
2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031